綱島まち情報 つなしまインフォ

HOME > PICK UP > 綱島駅から徒歩1分。天然温泉は元気の秘訣 『東京園』

pickup019_photo

File:019 綱島駅から徒歩1分。天然温泉は元気の秘訣 『東京園』

綱島といえば「天然温泉」。・・・といえばやはりこの「東京園」ですね。かつては「東京の奥座敷」とも呼ばれ温泉街として栄えたこの街も今となってはこの1軒のみ。今も尚当時の活気を思わせる店内では温泉だけでなく、歌って踊って、さらにはのんびり読書やおしゃべりにも最適のくつろぎスペースです。いろんなイベントも開催してますよ。ちょっと店内、のぞいてみましょうか。

―今回は東京園オーナーの中村社長にお会いしてお話をお聞きしてきました。やさしく笑顔でお出迎えをしてくれました。中村社長宜しくお願いします!

―創業はいつでしょうか?

1947年です。もともと綱島駅は綱島温泉駅と言っていたくらいの温泉街・芸者街でした。東京の奥座敷とも言われたほどで、70軒もの温泉施設がありました。東の有馬温泉と言われていたほどですよ。綱島は桃も有名で、西の岡山、東の綱島と呼ばれていました。綱島はウリがたくさんある街です。
「綱島の自然文化(桃とラジウム泉)を守る会」を運営しているので、的場さんも入会していください。

的場)是非是非お願いします。

―さて、この東京園の施設の特徴をお聞かせください。

大きな特徴は2つです。一つは天然ラジウム温泉100%掛け流しということ。ラジウム温泉はラドンとトロンの相乗効果によって、体の内外を効果的にケアする温泉です。お風呂から出て長い時間経っても体が温かいままなのです。それともう一つは飲食持ち込み自由なんですよ。宴会場が大小様々に用意しており、皆さんにカラオケなども楽しんでいただいてます。

―どのような年齢層の方のご利用が多いのですか。

最近は30代、40代の方も増えてきていますが、もっと若い方に来て欲しいですね。まだこの温泉があることを知らない方も多いと思います。お若い方へも綱島の歴史や特徴などもお話をしてあげたいのです。

―あの三橋美智也さんが下積み時代に働かれていたともお聞きましたが?

昭和25年くらいかな、4年間くらい働いてもらっていました。祖父が夜学に通わせたり、お茶や英語などを習わせたりしてあげたのですよ。有名になった後は綱島の街に色々と寄付してくれたのを覚えています。

※2010年12月28日現在の情報です。

編集後記

この後中村オーナーと取材者である私、的場との会話が進みまして・・・なんと!2011年1/12(水)13時より新春イベントとして「お笑いライブ」の東京園開催が決定致しました。うれしいことですね!是非幅広い層の方にお越しいただければと思います。詳細はこちら→新春お笑いライブ開催決定!!
今後もオーナーとご一緒に綱島で皆さんにご参加いただける催し事、開催していきますよ。

ショップデータ

綱島ラジウム温泉 東京園

【営業時間】
10:30~21:00
【入浴料】
10時30分~17時(但し90分以内で帰る方には400円返金)
大人900円・小学生600円・幼児無料
16時~21時
大人450円・小学生180円・幼児2名まで無料

横浜市港北区綱島1-8-11
045-531-0003
定休日 12/31のみ
http://www.tsunashima.com/shops/tokyoen/

サイドメニュー

つなしま不動産マーケット