綱島まち情報 つなしまインフォ

HOME > PICK UP > セルフペイントで愛着の持てる空間を『PORTER'S PAINTS ワークショップ』

pickup016_photo

File:016 セルフペイントで愛着の持てる空間を『PORTER'S PAINTS ワークショップ』

夏休みの初めの3連休、つなしま賃貸マーケットにてポーターズペイントのペイント体験ワークショップが開催されました。綱島ではちょっと珍しい試みのワークショップ、どんなものだったのでしょうか?

―PORTER'S PAINTS

ポーターズペイントは、創始者であるピーター・ルイスが1900年代初めに書かれた祖父のメモをもとに、伝統的な塗料と現代の技術を結びつけてつくったオーストラリア生まれのペイント。現在、母国オーストラリアでは誰もが知っている上質なペンキの代名詞なのです。

そのポーターズペイントをオーストラリアから輸入し、総代理店として販売、施工まで行っているのが今回ワークショップを企画したポーターズペイント事業部・つなしま賃貸マーケットを擁するオリエンタル産業株式会社。人と共に成長し、愛着の持てる空間に暮らすことの大切さを伝えています。

―刷毛ムラも「味わい」

ワークショップに参加したのは親子連れ3組と大人4人。

まずは店内壁面にもともと塗ってあった『ポーターズ・クレイ』の上から『ムース』をペイント。一度乾けば色が混ざることはないので、気分を変えたいときに何度でも塗替えが可能です。

大きな刷毛でざくざくと簡単に塗れるのがこのペンキの特徴。ムラができてもそれも「味」。むしろざっくりと刷毛ムラのあるほうが、光によって表情を変え、美しい風合いを見せてくれます。


油性のペンキとは違い、自然素材でできた水性塗料は石油特有のいやな匂いがしません。また、自然に溶け込む美しい色と豊かな質感は空間に落ち着きを与え、居心地のいい家づくりに最適なのです。

―小物を塗ってみよう

壁を塗った後は素焼きの鉢にペイント。
思い思いの色を選び、小さな刷毛で鉢を塗っていきます。

子供たちも真剣。夏休みの楽しい思い出になったようです。
完成した世界でひとつだけの鉢はしっかり乾かしたあと、お持ち帰りいただけます。

―セルフペイントで丁寧に毎日を送ろう

ざらっとした石のような風合い、サテン生地のような光沢、重厚感のある錆付いた鉄、ベルベットのような滑らかさ…塗料に含まれる素材によって幾通りにも表情を変える、その質感の豊富さがポーターズペイントの魅力。ワークショップではその様々な質感についてもペイント体験を通して実際に体感していただきました。

みんなで大きな壁を塗る…。日本ではペイントの文化はまだまだ根づいていませんが、そうやって手をかけた家には愛着を持って大切に住まうことができます。ぜひ生活の一部に、セルフペイントを取り入れてみてはいかがでしょうか。

※2008年7月19日現在の記事です。

編集後記

今回、綱島では初の試みであったにも関わらず、たくさんの方に参加していただけました。大きな壁面にペイントなどはなかなかできない体験で、みなさんとっても楽しんでいただけたようです。自宅の壁のペイントを検討している方もいらっしゃいました。次回はいつになるかわかりませんが、定期的に開催していく予定です。ぜひご参加くださいね!

(やまもと)

ショップデータ

オリエンタル産業株式会社
PORTER’S PAINTS事業部

神奈川県川崎市高津区下作延101
044-829-3383
http://www.porters-paints.com/

不動産賃貸事業部(つなしま賃貸マーケット)

神奈川県横浜市港北区綱島西2-4-10 レジデンス水明1F
045-549-5495
http://www.tsunashima-cm.net/

サイドメニュー

つなしま不動産マーケット